会社概要

画像の説明


★ 東京ボウズの由来

ほとんどの人が、「ボウズ」で思い出すのがバリカンで丸刈りにする事だと思う。
東京ボウズが考える「ボウズ」は鋏でボウズスタイルを作ることである。ボウズというからには、丸くカットされなけれ
ばならない。
頭の形は人それぞれ違い、頭が出ていれば短く切り、頭がへっこんでいれば長く切る。鋏は直すぐにしか切れないのに丸
く削る。まさしく彫刻家の手の動きと同じである。鋏が地肌から近い為、息を呑むぐらい慎重にしないと頭を傷つける危
険な作業になる。
もっとこだわれば、頭がへっこんでいるところは長くなる為、色彩が黒くなり、出ているところは白くなる。その色彩を
も合わせ、何ミリ単位で顔に合うフォルムをつくる。究極は毛穴から2本生えてるのと1本生えてるのも色彩が違う。
もちろん2本の方が濃くなり、その1本の 0.数ミリをもそぎ落として色彩を合わせる。この匠の技は、ヘアーアーティス
トとか、ヘアーデザイナーには真似が出来ない。まさしく私の目指す究極の理容師の技である。

★ セニングカット

由来:

1965年位にヨーロッパで活躍したジャン・ユーゴのレーザーカルプチャード カットが日本へ伝えられる。
レーザーカットは髪の毛先が赤ん坊の生まれたての毛のように筆先状になるのですごく馴染みやすい。
この技術は外国人のような柔らかい毛にも合うが、日本人特有の直毛・硬毛にも非常に合う。
日本と海外のヘアーの文化には、かなりの差はあるがこの技術は世界共通であり、その進化系がセニングカットである。

レーザーカットは、毛先が細くなりすぎて痛みやすいがセニングカットのほうが痛みにくい。

<フォルム調整>

スタイルのすべては、まずフォルムからで、これは世界規準である。
顔の骨格を瞬時に見極め、的確にその人に似合う位置に梳き鋏を入れる。

<ボリューム調整>

ボリュームを出すにはグラデーションに梳き鋏を入れる。
ボリュームを削るにはレイヤーに梳き鋏を入れる。

<毛流を作る>

毛は短い方から長い方へ流れる習性があり、梳き鋏で毛流を作る事が出来る。

<毛束を作る>

セニングカットでスライドカットのような独立し合う自然な毛束を作る。

<毛を立たせる>

毛を立たせるために、毛を支える毛を人工的に梳き鋏で作る。

<絶対量感>

髪の毛を自由に操れる量感がある。スタイルを作るのには根本の毛が多すぎても少なすぎてもダメ。
使い様によっては簡単に考えられるが極めるのは難しい。
正しく、匠の技である。

★ 経営mission

『私たちは、より多くの人のためにイノベーションと感動を追及していきます。』

時代によって変化していく美の基準や流行に合わせて進化していくことはヘアー業界で
生きる私たちは忘れてはいけないと思います。
お客様に似合う。を提案してまるで生まれ変わったかのような爽快感と再現性による
新しい自分の可能性にお客様の日常は前向きで豊かなものとなります。お子様の成長、
ライフスタイルの変化とともに似合う長さも変化します。
だから「私たちは、より多くの人のためにイノベーションと感動を追求していきます。」

画像の説明
technique
技術
世界チャンピオンの技術を継承し、追求心を忘れない。技術に素直でいる



beauty

店内と自分自身を美しく保ち、お客様を美しくする。常に流行をキャッチし、発信していく。



identity
個性
個性を活かしたサロンづくり。
人との出会いを大切にし、仲間と助け合い、絶対に見捨てない。



comfortable
快適
快適にスタイリングを楽しめるヘアーで、お客様の日常を豊かにする。
感謝の心を常に忘れず、おもてなしの心でお客様をお迎えする。



smart
スマート
スマートな対応と施術の流れをお客様に提供する。
礼儀、挨拶を重んじ、信頼されるスタッフである。








東京ボウズ 代表取締役 秋葉 保洋